病院通い     (6/20.15:00編集しなおしました)

とらきちが一段落したと思ったら・・・・

今朝ご飯をあげた時、ユメの口元がなんか変?!
犬歯がグルンと180度回転して外に向いてしまった状態なんです。

ありゃりゃ~?!

ブチを病院に連れて行った(午前中)ので、撮った写真を見ていただいたら

即座に「すぐに抜かなきゃだめです!」・・・と

歯を支える歯槽骨が解けてきているような状態で、抜かないと炎症が広がるらしい。
午後にユメを連れて病院へ・・・。


右写真が抜いた歯(1円玉と比較してます)ですが、麻酔もせずアッと言う間に抜いてしまった。
先生凄い!ビックリな業です。
a0091215_2391611.jpg

※追記
看護士さんが保定をする前に、歯はもう外に飛び出ている状態なので
引っ張ったら難なく抜けたのでしょう。
二人とも(看護士さんと管理人)「へッ?もう抜けちゃった?!」とびっくりでしたから
歯は簡単に抜けるほどグラグラしている状態だったと思われます。




a0091215_2391276.jpg

※追記
処置が終わった後、じっくりと口内を診る先生。ユメを保護した時にも言われましたが
「将来は歯を抜かなければならないかも・・・」
の‘かも’が確実になったようです。

保護した時から歯茎が赤くて、痛くて食べることも不自由で、体から異臭がしてるか
と思われるほどの口臭だった。
(ニンゲンで言う所の歯槽膿漏のようなモノなのかもしれない)
白血病があると(でもそれが原因ではない)口内炎を持っている子が多いようだ。
自己免疫が関係しているらしいけれど、歯を抜いてしまえば炎症は落ち着くという。
ユメは将来その道が待っている。




さてこちらは午前中診察のブチ。左は4ヶ月前の耳の様子。
a0091215_23962.jpg

扁平上皮ガンかもしれないと言われたけれど、外猫で生きてきたブチ。
もう余生は長くないと思うし、年だから麻酔も心配だし、このまま炎症が広がっても痛い痒いもなく
気にならないようならこのままでもと思って様子を見ることにしていた。

でも最近耳が気になるらしく、カッカッカッと掻いては血を飛ばしているので
どうしたものかと病院へ連れて行った。
炎症部分が固まって乾いた状態ならこのままでいいかとも思うけれど
血が出てぐじゅぐじゅしていると、この夏ウジが湧くようになるかもしれないと。。。。

結論は耳をカットするということになったが、ブッちゃん、仕方ないね・・・。
体調もきちんと検査するから・・・頑張るんだよ・・・・。
[PR]
by tya_ka | 2014-06-20 00:02 | ねこ
<< たまご フレンチのランチ >>