名残の時

a0091215_2231675.jpg

         吾亦紅・菊・リンドウ・ホトトギス


 口切り(開炉)前の名残のとき・・・・
  秋の残花を入れる・・・・。
[PR]
# by tya_ka | 2006-10-19 22:40 | | Comments(0)

    丸帯

a0091215_11291080.jpg
60年前以上の西陣袋帯。祖母が、娘(私の叔母)が嫁ぐ時に締めるため、織らせたものだそうだ。


今の袋帯と違い、無地の部分がまったく無く、すべて文様がある。花嫁用なので「小槌と七宝」の吉祥柄・・・文様の繰り返しだけれど、色の組み合わせは同じものが一つとしてない。
a0091215_11482345.jpg




七宝の中にも「亀甲紋」や「青海波」「花菱・菱紋」などが見える。
a0091215_1201019.jpg

帯としてまだまだ使えるけれど(でも、昔の人は小さかった所為か長さが短い)今回は
・・・・・・お茶会に使おうと思っている。。。
[PR]
# by tya_ka | 2006-10-06 12:15 | | Comments(0)

  籠とアンティーク ≪花入れ≫

a0091215_12352256.jpg
北山籠です。籠の多くは夏から秋にかけて用います。
唐物と和物があって、形や作り方によって、行または草に使います。


a0091215_12355311.jpg
久田宗全(ひさだ そうぜん)好みの籠花入で、その名から宗全籠といいます。


a0091215_12361310.jpg
本来は花入れとして作られたものではないのですが、見立てで花入れとして使っています。
15,6世紀のモノらしく(本当かどうかは分かりません(・Θ・;)アセアセ…)ペルシャ、カシャーンの発掘品。ピッチャー(取っ手のついた水差し)だと思います。
お花を選ばず、見た目より使いやすい花入れです。
[PR]
# by tya_ka | 2006-09-29 12:37 | | Comments(0)

2006.春の茶会


       「どうも雨みたいねぇ・・・」

       「今夜から降るらしいですよ」・・・
         ・・・・・お茶会の準備をしながらの会話。結局、野点が出来そうに無いので
        お茶室での準備となりました。
e0070775_17472557.jpg
      
      当日(16日)の朝、お客様を迎える準備をしている時に、雨がぱらぱらっと・・・
      やはり室内に準備してよかったかな、と思いきや・・・お茶会が進むにつれ
      だんだん晴れてきた・・・。 う~ん、野点で出来たのに~・・・(ノд・。) グスン
      (私たち社中は晴れ女が多い・・・笑)



e0070775_17521112.jpg



お道具の準備も出来て・・・

e0070775_17534647.jpg



お客様が入る前にちょっと練習・・・・・
始まる前はどうしても緊張してしまうお点前の方。

お茶席の様子を少しご紹介。
e0070775_1095210.jpg
これからお茶を飲む人、飲み終わってお茶碗を拝見している人、様々な茶席内・・・

このお茶席は、茶道を知らない方に楽しんでいただこうという目的で始めたものなので、
飲み方が分かりませんと言われる方も珍しくない。

「お茶碗の正面を大事にしますから、少し回して口をつけない・・・返す時は、正面を相手の方に向けて・・・」・・・と、お給仕さんは丁寧に説明します。

e0070775_10124985.jpg



「お菓子をどうぞ」と言われ、頂戴しますとお辞儀をされているお客様。

e0070775_10155062.jpg

食べているところを撮ってスミマセン!
そろそろお茶がたちます。





e0070775_10184146.jpg別の回のお客様。
気楽な席なので殆どの方が洋服ですが、着物の方がそろった時もありました。
バッテリー切れで撮れなかったとか・・・(≧▽≦;)アチャー

e0070775_11331548.jpg


本日のお菓子です。
銘「花衣」・・
写真上手く撮れません(≧▽≦;)
花びらの先がピンクなのですが・・・

これほどお天気に振り回された年もありませんでしたが、70人ほどのお客様を迎えて
無事に終える事が出来ました。皆さんご苦労様でした!!

More  お道具はこちら・・・
[PR]
# by tya_ka | 2006-04-17 22:13 | | Comments(0)

初釜

e0070775_1121115.jpg
心配していたお天気...よかったぁ~、晴れてとってもいいお天気!・・・
穏やかな日になりそう。。。


a0091215_21551868.jpg
           お客様をお迎えする玄関。


a0091215_21555320.jpg
           本席には「鶴亀松竹梅」の軸をかけて・・・



e0070775_1194381.jpge0070775_1184715.jpg

e0070775_11103813.jpg

懐石の器たちも出番を待つばかり・・・
e0070775_11162174.jpg


e0070775_1119492.jpg
  お客さまがみえました。
e0070775_11175786.jpge0070775_11182546.jpg


  皆さんが揃ったところで席入りです。床とお道具を拝見しています。
e0070775_11204945.jpg


  席入り後の挨拶も終り、懐石の始まりです。
e0070775_11221814.jpg

e0070775_11224032.jpg


  膳が運ばれお酒が出された後、お重が出され各自の器に取り込んで・・・
e0070775_11263138.jpg

e0070775_11264585.jpg

e0070775_1127284.jpg

e0070775_11272580.jpg


  煮物椀(お雑煮)です。(カメラマンをしてくださった方が上手く撮れないとなげいていました)
e0070775_1129034.jpg


  焼き物に、のし鶏を予定していましたが、間に合わなかったので取りやめに。
                                  (皆さん、ごめんなさい!)
  強肴に和え物を一品。
e0070775_11294625.jpg
e0070775_11302110.jpg

    ↑器/加藤光右衛門 作
       器/今井里圭 作→


この他、杯のやり取りなどがあるのですが、それはとりやめに・・・
床を見直して‘中立ち’に(トイレ休憩みたいなもの)
e0070775_11315229.jpg

この後お濃茶席になるのですが、写真を撮れませんでしたので、後ほどUPします。

More    濃茶をいただく
[PR]
# by tya_ka | 2006-01-07 21:49 | | Comments(0)