6日目/ヨセミテ国立公園

日帰りツアーを申し込み、朝7時にピックアップ場所まで出向き、ツアーバスで事務所に行き支払いを済ませて8時半出発。
現地まで4時間かかるとの事。
ベイブリッジを渡り・・・
a0091215_13213333.jpg




オークランドやいくつかの街を過ぎ・・・
a0091215_1321525.jpg




遠くに山の見えるこんな平野を過ぎ・・・
a0091215_1322986.jpg




だんだん地形が山になってきて・・・
a0091215_1323221.jpg





もっと山になり、木の生い茂る山道を登っていくと、入り口に着いた。
a0091215_13233883.jpg






ビューポイントでバスから降りたりしたけれど、あいにくの雨模様で、早々にバスに戻る。、
a0091215_13235268.jpg





さらには霧でよく見えず、何がどうなっているのか良く分からない。
a0091215_13241368.jpg



a0091215_13242885.jpg

とにかく広いし大きいし・・・・という言葉では言い表せないスケールの凄さ。

ここまでの道中も・・・・・アメリカってやはり大きい、広いと感じた。
関係ないけれど、時間にルーズとか食べ物も繊細さはまるで無く質より量と言う感じは
こんな環境に居ればそうなっても不思議は無いのでは、と勝手に解釈してしまう^^;



a0091215_1414146.gif




宿泊付にしたほうが良いとは思ったけれど、一人での参加はなんとなく心配だったので強行軍を選んだ。
朝からお天気が悪く、なんとなく嫌な予感・・・

まさか、とは思ったが当たってしまった!


出発して2時間くらいたっただろうか。
エンジンの具合が悪いのでバスを乗り換えてツアー続行、と運転手がのたまう。
乗り換えのバスと落ち合うので・・・、ということで来た道を戻った;;;ヾ(ーー )ォィ

ええ~~ッ!?、ここまで来て戻るのか?!

乗り換えのバスを待ってるときに聞いてみたら、1時間半の遅れで行くのだそうだ。
帰りが8時の予定だったのが9時半になるとの事。当然のようにのたまう・・・ヾ(ーー )ォィ
20名の客のうち、管理人と同じように心配したのは、イタリアからの若いカップルと
中国からのこれまた若いカップル。
ほかの客はそういったことに慣れているのか、運転手兼ガイドが冗談も交え話すことが
全部分かるからか、仕方ないと思うのか、あまり気にしない様子・・・。


9時半か・・・・・でも家の前まで送ってくれると言っていたからいいかぁ・・・
・・・で、ツアーは続く。雨に濡れながら続く(;´д`)トホホ・・


が!・・・アクシデントはこれで終わらなかった。




予定通りの見学が終わり、帰りは6時に出発。
運転手も3時間半で帰れると思っていただろう・・・それが・・・

くねくねと曲がる山道を走っていた時、突然「バン!」と言う音。
運転手の「あぁ~・・・」と言うがっかりした声。
タイヤのパンクと思ったようだが、運転していて分かったらしく
乗客の男性もエンジンのターボ機能が駄目になったんだろうと言う。


またエンジン?どうなるわけ?


山道を降りたところでバスを止め、なんだか修理をするような・・・
説明をしていたようだが、運転手自身結論は分からないのだから
英語を完全に聞き取れない管理人はどうでも良くなってきた。

ワタシ一人じゃないし・・・(でも、ペラペラと喋る人たちの輪には入れなかったし、そんな気力も無かった。やはり不安)


夕飯を食べてる間にどうなったのか(同じバス会社のバスは見たけれど)・・・
トイレに行ってる間に運転手の説明があったようで、
乗客に「直ったの?」と聞いてみたけれど、サンフランシスコで直すらしいとのこと。


じゃあどうなるの?と思ったけれど、バスは走り出した。平地だから何とかなったのか?
普通に走っていたようだけれど・・・
・・・と言うことで、結局家に着いたのは日付が変わって1時ころヾ(ーー )ォィ


行きも帰りもバスの故障と言うアクシデント。予感的中です!
格好の土産話ができました(^∇^)アハハハハ・・・・ヾ(ーー )ォィ
明日はゆっくりしよう・・・・・
[PR]
by tya_ka | 2011-10-13 14:11 | 英語
<< 7日目/窓の外とギラデリースクエア 5日目/ユニオン、フィルモアス... >>