籠とアンティーク ≪花入れ≫

a0091215_12352256.jpg
北山籠です。籠の多くは夏から秋にかけて用います。
唐物と和物があって、形や作り方によって、行または草に使います。


a0091215_12355311.jpg
久田宗全(ひさだ そうぜん)好みの籠花入で、その名から宗全籠といいます。


a0091215_12361310.jpg
本来は花入れとして作られたものではないのですが、見立てで花入れとして使っています。
15,6世紀のモノらしく(本当かどうかは分かりません(・Θ・;)アセアセ…)ペルシャ、カシャーンの発掘品。ピッチャー(取っ手のついた水差し)だと思います。
お花を選ばず、見た目より使いやすい花入れです。
[PR]
by tya_ka | 2006-09-29 12:37 |
<<     丸帯 2006.春の茶会 >>